読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ななころびやおき

二次元から三次元に推しを変更したオタクの話

推し変歴

 

めっちゃくちゃ突然だが今までの推しについて考えてみた。ジャニーズの話は全体の0.3%くらいしか出てこない。

2人の推しの話をする。

 

 

中学生でアニメや漫画にハマってから伊野尾沼に落ちるまでずっと二次元オタだったのだが、その間にんげんにハマったことがないかと言われると否であり、なんとなく私って昔からジャニオタになる気質あったよな???と最近よく思うので記事にしたまでの話。自己満足。

 

漫画は小学生の頃から好きでちゃおっ子だったことをよく覚えている。中学生になり友人に少年誌の単行本等を貸してもらうようになり少年誌も守備範囲になる。テニプリにもBLEACHにもハマらなかったけど圧倒的銀魂熱に燃えていた。今度映画やるよね。なんとなくアニメも見始める。記憶力がポンコツなので定かではないが当時コードギアスがめちゃくちゃ流行っていた気がする。あとガンダムOO。めっちゃくちゃ余談だけどいつぞやのラジオで小瀧望さんが自分の名前の由来話の流れでギアスの主人公ルルーシュのあだ名「ルル」って響きがかわいいと話していて全力の分かり手をしたことを覚えている……。あれジャニオタで分かった人少ないんじゃないかなと思いつつ二次元オタでよかったありがとうと思った。この頃、特にアニメを見ていた。とりあえず新規アニメは一話を全部録画予約するみたいな謎の風習ない???二次元アニオタ経験した人この謎の風習しらない???一度はこの道通らない???とりあえず三話までは見て今後見るか否か決めるみたいな風習ない???あったよ、あった。先日の関ジャムで宮田さんがほぼ同じような話してたからきっとそういう風習あるよ。とりあえず私はそうしていた。当時のものも見ていたし、過去のアニメも遡って見ていた。

そんでもってここからが本題だ。アニメを見ていく中でめっちゃ好みの声の人がいた。宮野真守。そう、私の一番最初の推しであり、現在も推している。

 

声を仕事とする人のなにをきっかけにして顔を知ることになったのか、なぜハマったのか、決定的な事は全部忘れている。そのくらい長く推している。声が好きだったから、この人が出演するアニメはほぼ全部追っていた。何がきっかけか忘れたけれどお顔を知った。えっイケメンじゃない?身長高いし、顎出てるけどめっちゃイケメンじゃん???身体うっすいけどめっちゃくちゃ可愛いしかっこよくない???!?!?顎出てるけど!!!!!!と思った。今は普通だけど当時はものすごく身体薄かったんだよ、がりがりすぎて心配なくらいだったんだよ。顔を知った後にこの人のラジオを聴き始めた。どちゃくそ面白くてくだらないラジオだった。見事に私にツボにはまって毎週聴き始めた(ここらへんの時系列はうろ覚え)。当時二次元オタクにはつべよりニコニコが流行っていたからニコ動でめちゃくちゃ動画を漁りまくり、この人が歌が上手であることを知る。久遠めっちゃ好き(感想)このあたりで宮野がデキ婚する報道を知る。学校の技術の授業中で、友人がネット開いたらトップニュースにデキ婚の話題が出てきたらしく、友人から教えられた。今考えるとなにやってたんだ授業中に………。宮野は昔からイケメン声優とオタク界隈から言われていて顔ファンもほどほどいたから、掲示板で叩かれていることをリアルタイムで知っていた。私は顔ファンでもなんでもなかったし声優をしてる宮野が好きだったのでそのままオタクしてたけれど、今思うと相当ひどい叩かれ方をしていた。なんというか、オタクって厄介だよね。。。

推し結婚騒動ではなんの打撃も受けなかったけれど、推しがCDデビューするって決まった時はかなり驚いた。しかもメジャーだ。おったまげ。嬉しすぎて、当時のおこずかいをCDに費やした。シングルを二枚くらい出したあとにアルバムも出した。もちろん買った。ここらへんで多分ファンクラブ設立の話題が出た。多分。息をするように入会した。おかげで会員番号が2000番代である。設立してから10年くらい経つか?多分わたしが一番長く推してるのが宮野。ずっと好き。多分これからもずっと好きでいると思う。熱量は落ち着いたし残念ながらタイミングが悪くて去年のツアーには行けなかったけれど、活躍している姿を見ると嬉しいしテレビで姿を見ると幸せな気持ちになる。昔は深夜アニメと洋画吹き替えをやっていたけれど、最近はディズニー映画の吹き替えもしているから世間的認知度も高くなっていると思うんだけど、どうだろう。そういえば宮野さんはかの有名な映画、ハリポタのパーシー役の人だよ。この時点でめっちゃ有名声優だったねごめん。関係ないけれどめざましテレビからも愛されてるから新曲を出したら取り上げて貰えるしライブをしたらその映像を紹介して貰えている。とてもうれしい。めざましに愛されしイケメン声優。

 

ニコ動内で放送されていた鷲崎さんとMay'nちゃんの番組に歌手として呼ばれたときに鷲崎さんとめいんちゃんのコントの一節にあった「二億円当てる」を真似して二次元オタク界隈にめっちゃ拡散されて一気に顔がうるさい残念イケメンキャラとして愛されるようになった歌って踊れるイケメン声優宮野真守の話は有名???知らなかったらニコ動で宮野真守でタグ検索をしよう。再生数上位にいつでも君臨しているよ☆

こうして(?)声優としても歌手としても愛されるようになった宮野真守って人が一人目の推しなんだけど、あれ、すげぇ記事が長い。あれ。おかしいぞ。

 

 

宮野のライブって、めっちゃくちゃダンスするのね。他の声優さんのライブと比べてもかなり踊ってる部類に入ると思う。子役をやっていたこともあって昔からダンスレッスンは受けていたらしく、結構激しめのダンスをする。そんでもって衣装もアイドルっぽいのよね。ナポレオンコート着るしひらひらスカートも履くし羽根つき帽子も被るし全身白の衣装も着る。ライブ構成も、ジャニーズのコンサート構成と似ているところがある気がする。まずOP映像からはじまるよね、始めにアルバムのリード曲とかインパクトある曲をバンッて披露して、そのあと数曲披露してからバラードコーナーに入る。バラードコーナーかその前にダンサーとバンドメンバー紹介の時間が設けられる(宮野以外もガンガン喋るのが特徴)。それが終わったらコントコーナーが始まる。昔は生でコントしてたけど途中から映像になった。宮野と仲良しの声優さんが友情出演してくれるとんでもなく豪華なコントコーナー。腹抱えて笑うのが常で、雅マモルと宮野家の大晦日は有名。多分。因みに雅マモルは星野源のニセ明の原点とも言われているヨ。コントが終わったらすげぇかっこいいダンス曲コーナーに突入する。MCはバラードコーナーに入る時もあれば最後の曲の前に入ることもある。タオル振る曲もあれば会場の右側と左側でかけ声の大きさを比べられるオタクバトルみたいなシーンもある。銀テもふつうに飛んでくる。取り合いになると見せかけてみんな礼儀正しいのか隣の人や後ろの人に回してくれる。ジャニーズでこういう光景はほぼない。私調べだけど。Wアンコもトリプルアンコもある。初武道館が決まったときはサプライズでライブ中に発表されてガチで戸惑う宮野真守をみることが出来たし、去年度は台湾でライブもした。残念ながら私はライブもライビュも行けなかったのだが、成功したようで何より。

 

兎に角、考えれば考えるほど宮野のコンサートはジャニーズに似ている。ライブにはバンドとダンサーが必ず付く。宮野があまりにもバンドメンバーやダンサーと仲良しだから、宮野を通じてダンサーファンになる人もいる。ダンサーさんは基本的に宮野を中心にして踊るけれど、なんだろう、ダンサーのダンスをメインにするかのようなシーンが多々あるからか、宮野真守という個人のライブなんだけれどどことなくグループ感がある。常に活動を共にしている人たちではないのだけど、集まればわいわいする友達や家族感が宮野のライブにはある。そこもジャニーズと似ている。個人ライブではあるけれどわちゃわちゃが見れる。ガンガンダンスも踊る。衣装替えもめちゃくちゃする。もちろんトロッコにも乗るよ!!!ジャニーズと違う点は、オタクが控えめなところかな。宮野オタのファン層が比較的上ってのもあると思うけど、本人ももう33歳だしね。もう一つ違う点は、オタクが双眼鏡を持たないこと。もちろんグッズにうちわもない。ペンライトとキンブレを狂ったように振るオタクの集まり。私の友人の水樹奈々オタはキンブレを片手に三本持って振りまくるから指の間が打撲するらしい。さすがに私はそこまでガチで振ったことは無いけれど。ジャニーズもキンブレOKにしてほしい。統一で光るペンラも良いとは思うけどやはりメンカラに光るキンブレは優秀だと思うんだけどなあ。まあでもキンブレOKになったところで野鳥タイプだから多分そんなに振らないのがオチ。

 

 

伊野尾さんを発見するまでずtttttttttっと宮野を推していたけど、本当に宮野とジャニーズは似ている。ハマった理由も同じ。私が宮野を好きになった一番の理由はおもしろいところだったから、「顔の好みと笑いの好みは別」「笑いが好きじゃないと推しにならない」というのはおそらく宮野から始まっている。しかし第二の推し羽生結弦は別。

 

 

羽生がジュニアで世界チャンプになったころ、私は羽生の存在を知った。めっちゃキノコだった。まさに和製プルシェンコ。元々フィギュアは好きだったけれど、そこまで興味津々に見る事はなかった。たまたま世界ジュニアで優勝したときの羽生の演技を見てどはまりした。

私がなぜ羽生にハマったのか。それは、圧倒的に演技が粗削りだったから。そりゃ世界ジュニアチャンピオンだし日本でも賞を取っていたからとても凄い人なんだという事はわかった。けれど見れば見るほど粗削りで、応援せざるを得なかった。シニアにあがって一年目のGPSや全日本。すげぇ奴がシニアにあがって来たとお茶の間に思わせるだけの滑りを彼はした。でもやっぱり粗削りだと私は思った。体力がないことは本人も懸念していたことではあったけれど、ジュニアとシニアの差は大きかったように思う。しかしそれでも持ち前の負けん気で必死に食らいつく姿に心を打たれた。その後東日本大震災が起きて、彼は被災をして地元で滑れなくなった。羽生ってあまりメディアで弱音を吐かない人だから、彼がどれほどの思いで宮城を離れ神奈川のリンクで練習をしていたかは分からない。けれど、震災から一年、二年が経ったころにあるメディアでようやく重い口を開いて当時の心境などを語ったとき、私はテレビの前で号泣した。あの若さでそれだけのものを心に閉まっていたことが凄いし、自分が滑ることが恩返しになると信じて成績を着実に上げていったという事実、その精神力にただただ圧倒された。被災地に向けて滑った白鳥の湖を私は忘れない。

 

覚えているだろうか、2012年のニース世界選手権。私は今でもこのときの演技を見ると泣いてしまう。当時もテレビの前で携帯を片手に号泣していた。

なんてことない所で躓いて視聴者をひやっとさせたその直後、びっくりするくらいの飛距離で3Aを見事着氷、コンビネーションにしてタノまでつけやがった。あの瞬間、茶の間は一気に引き込まれたと思う。目が離せなくて、とんでもなく危なっかしくて、愛おしくて、力強くて素晴らしい演技を彼はした。17歳という若さで。ロミオとジュリエットという題材がまた彼に合っていたと思う。ステップが始まる前に羽生が吼えたとき私はメダルを確信した。最後のジャンプを決めたとき、とんでもなく心が高鳴った。滑り終えてガッツポーズを決めたとき、何故か視聴者である私が緊張していたことに気が付いた。そしておいおい泣いた。氷上ではなにかに憑りつかれたかのように鋭い眼光なのに、一歩氷から降りたら普通の高校生に戻るギャップにもはまった。キスクラでプーさんを膝に乗せて採点結果を待っているときの不安げな表情は今でも覚えているなぁ。そして結果がコールされたときの全身の毛が総立ちになる感覚。実況していた西岡アナが言った「世界を狂わせる17歳」が忘れられないし、その通りだと思った。暫定一位。SPがあまり良くなかったから表彰台では銅メダルだったけれど、それでも羽生結弦が世界に与えた打撃は相当なものだったと思う。私の翌日の目の腫れ具合凄まじかった。泣いた。

 

このシーズンをもって、羽生が阿部コーチのもとを離れることになった。どれだけ愛情の深い師弟関係だったのかを知っているから寂しかったけれど、オーサーに師事してからの技の磨かれ方は半端ないと思う。完成されたなと思った。パリの散歩道で。

羽生がソチで金メダルを獲得した翌シーズンから私生活が忙しくなったこともあり、フィギュアをシーズン初っ端から最後まで男女ペア全てを追う気力がなくなってしまったから中々ゆっくり羽生の演技を見ることもなくなってしまったけれど、今でも滑っている羽生を見るとキラキラして見えるし、世界チャンプになってもさらに上を目指す羽生のことを単純に尊敬する。これはかなり前からスケオタ界隈で言われていたことだけれど、羽生は幼い頃からインタの受け答えが実に落ち着いている。そのあたりも私は好きだった。見た目は草食系なのに中身は肉食であったり、笑うと目がなくなったり、たまにぶりっ子ポーズしたり、強火プルシェンコ担であるところも好きだったなぁ。羽生はルックスも好きだったよ。塩顔だからな!!!

あの頃全盛期だった選手がどんどん引退していくにつれてフィギュアを追うこともなくなってしまったけれど、テレビで滑っていたら見るし、結果は気になる。ジャニオタ用語でいえば羽生結弦は担当ではなくなり推しになったのだと思う。

羽生には体力の続く限り現役を続けてほしいと思う。

 

書いていて思ったけど羽生からジャニーズみは一切感じない。負けん気はWESTと似ているとは思うが。強いて言うなら衣装のひらひら感。あと伊野尾さんがフィギュアスケーター役をやった。そのくらい(こじつけ)

 

宮野真守羽生結弦も、伊野尾慧も小瀧望も、尊敬できる人を推せてよかったなと思うんだ。なんやかんや昔から次元は違ったけど人間を推していたし、ライブもアイスショーも行っていた。オペラグラス片手に羽生結弦を拝んでいた私が双眼鏡を片手に伊野尾さんと小瀧さんを拝むのは至って普通の流れだったのかもしれない。

次元は超えたけどやること昔から変わってないなって。コンサートに7000円出すのとアイスショーに15000円出すのもあんま変わらん。推しが出る番組を見るのも推しが声を充てているアニメを見るのも大差ない。推しが映画の吹き替えをやれば観に行くし推しが映画に出演したら観に行く。なーんにも変わらん。

 

だから私はジャニオタになるべくしてなったんだな、と。そういう話。打つの疲れた。