読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ななころびやおき

二次元から三次元に推しを変更したオタクの話

自担にオファーが舞い込んできて欲しい役(伊野尾編)

 

突然ですが、わたしは漫画を読むことが好きです。きらきらの少女漫画から人がバッタバタ倒れていくような青年漫画、友情努力勝利の少年漫画まで、様々読みます。

読んでいると、うわっこのキャラクター自担に演じて欲しい!とか、このキャラクターは実写化するならあの人に演じて欲しいなーとか、思うことありますよね。ドラマを見ていても、この役自担に演じてもらいてぇな〜〜クッソ〜羨ましい〜〜〜と思うこと、あると思います!ありますよね!?!?わたしは大体いつも思っているよ!!!最近のわたしは他Gの仕事をただただ羨む、羨ましい亡霊と化しているよ!!!なので、供養ではないけれど、わたしの趣味と希望をただただ綴る、そんな記事。

あ、それと、どうしてか自担が二人とも少女漫画のヒーローを演じるので、こりゃなんか縁があるなーと思ったのも書こうと思った一つの理由です。

 

 

 

 

伊野尾慧に演じて欲しい役

 

伊野尾さんはピチガで演じる、キラキラ☆モテモテ☆チャラチャラ☆女の子から大人気な学園の王子様☆☆☆みたいな役よりも影を背負った儚い青年を演じて欲しい。

同じ高校生役でも、女の子とあまり喋らず常に単独行動で休み時間や放課後は図書室で分厚い参考書を片手に窓際に座り白く綺麗な指先で少しくすんだ色のページを静かにめくり時に眠そうに欠伸をし疲れたら机に突っ伏して寝始め下校時間になったら学校の司書さんに起こされ眠い目をこすりながらしなやかな振る舞いで立ち上がり消え入りそうな「さようなら」という一言を司書さんに投げてから学校を後にするような男子高校生を演じて欲しいッ(ここまで一息ゼェハァ)

そんでもって、たまたま図書室に本を探しにきていた後輩ちゃん♀が、窓際に座って安らかな寝息を立てている伊野尾さんを発見し、太陽の光を浴びて宝石のようにキラキラ輝く髪の毛、ぴんと伸びた睫毛、軽く引き結ばれた綺麗な形の唇、男の人にしては白い肌、首筋、そのどれをとっても幻想的すぎる見ず知らずの先輩に一目惚れしてしまって数秒見入ってしまうシーンが見たい。この人本当に生きているのかな……(あまりにも儚すぎて)幽霊じゃないよね………?と疑問に思った時に伊野尾さんが動くもんだからびっくりして手に持った本を床にバッサァ落としてしまった後輩ちゃんが、どうしよう起こしてしまったかな申し訳ないなでも見入っていた自分が恥ずかしいな逃げ出したいな、と恥ずかしさと申し訳なさが綯い交ぜになった感情でぼーっと立ち尽くす中静かに机に突っ伏していた体を起こして軽く伸びをするも全く後輩ちゃんに気づく様子も無く気怠げに頬杖をつき窓から見える校庭の風景をなんの感慨もなさそうに伊野尾さんには視界に入れて欲しい。後輩ちゃんは、あっこの人の世界に他人は存在していないんだなとそこでふと気付いてしまって、一瞬でもこの人の心の隙間を見つけて入ってしまいたいなと考えてしまった自分の思考を呪い、落とした本を拾うこともせずそっと図書室を後にして欲しい。伊野尾さんは人が立ち去った気配に気づき室内を見回し、そこに見知らぬ本が落ちていることに気付き拾う。伊野尾さんは儚い美青年では無く感情が欠落しているせいで人と相容れぬ存在となってしまった青年でしかなかった。後輩ちゃんが落としていった本、彼が無感情で拾った本のタイトルは『夢織り女』。

 

みたいなねーーーーーーーーーーッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

何故、夢織り女なのかって? 検索してたまたま引っかかったのがこれだったからです。短編集らしいのですが、その中の一つの物語のタイトルが『石心臓姫』。ぴったりすぎ。後輩ちゃんが無感情伊野尾さんにとっての夢織り女になったらより最高。気になったので普通に読んでみたい。

 

わたし、これは完全に趣味と癖でしかないのですが、基本的に推しには満面の笑みを振りまくような役所よりも、その綺麗な顔面を活かして無言でも周りが戦慄いてしまうような役を演じて欲しいのです。

こういう役、沢山あると思う。それこそ後編で書きますが小瀧望に演じて欲しい役のようなものも。ですが敢えて伊野尾さんには"日常で出会いそうな"危うさであったり儚さや穢れ、そういったものが似合うと思っています。「光」に当たってはじめて照らし出される「闇」を伊野尾さんには演じて欲しい。しかもその闇も、決して自らひけらかすことはせずに己の中に仕舞っておくの。でも、闇を全て仕舞い込むことなんて到底無理で、そういったどうしても溢れ出てしまうものに惹かれてしまう人間って一定数いると思うのです。だから、蜜につられてやってきた蝶ではないけれども、隠蔽できない闇に惹かれてふらっとやってきた人間に、どうか心を絆されて欲しいんです。ずっと悲鳴をあげていたにも関わらず誰にも気づいてもらえなかった心を、救済して貰いたい。日常ものはハッピーエンドで終わって欲しいので救済は絶対条件。ただその過程が厄介であれば厄介であるほど、良い!!!

伊野尾さんのリアルな高校生エピソードが若干哀愁に満ちているので、儚さの中にも幸せのある話が良いな……。

 

 

伊野尾さんの顔面力は喋らなくても画面が持つと思うので、どうか台詞量がどちゃくそ少ない役を演じて欲しい。常に斜め45度下を向いているような、ひとつ取り扱い方を間違えたら一気に地の底まで沈んでしまいそうな、張り詰めた風船のような役が欲しい。

そう考えるとそし誰の役は比較的よかった。ただあのドラマは前半で撒きまくった伏線が回収しきれてなかったせいで後半のガタがとんでもなかったのでそこが残念。役所としてはわりと私の好みに近かったかなあ。もう少し残酷な人間であれば尚良かった。

 

 

 

 

 

………………ちょっとこれ、めちゃくちゃ楽しいですね!!!!!!!!!!!!!!!自己満を文字にするのはやはり楽しいな〜〜〜〜〜〜

 

伊野尾さんは、恋愛系はあまり合わないんじゃなかろうかと現時点では思っています。なのでピチガはとても楽しみ。あのキャラが演じるモテモテ王子様が一体どのような魅力あるキャラクターになっているかが非常に楽しみなのです!キスシーンもあるようですし!大スクリーンで自担のキスシーンが拝めるとか最高だよなありがとう世界🙏🙏🙏

ももし次映画やドラマ出演が決まった際には恋愛ものではなく、悲しい愛憎劇か人情コメディー、もしくは戦争系の実話が良いです。

クラシックの民ということもあり戦場のピアニスト大好き芸人なので、気付いたらツーっと涙が伝うような映画に出て欲しい……。むかし二宮くんが出ていた硫黄島からの手紙とかも好きでした。そもそも硫黄島シリーズがかなり好きだったなあ。(戦場のピアニストで思い出したけどもう一度ピアニストの役も演じて欲しい。今度はガッチガチのピアニストで…笑いは無しの方向で…はい。)

ハードルが高いとは思うのだけど、山ちゃん裕翔に続いて様々なジャンルのお話に出て欲しいと思っているよ。がんばれ!既に頑張っていると思うけどがんばれ!